ベンチプレスMAX65kgだった僕が120kgを挙げるためにやった7つのこと

こんにちは!AKIOです。

筋トレを始めてから1年8ヶ月。
ようやくベンチプレス120kgを挙げることができました。

1年8ヶ月のベンチプレスのMAX重量の推移は以下の通り。

f:id:aaakkkiiiooo:20171212212801p:plain

筋トレを開始した2016年4月時点のベンチプレスMAXは65kg。

ベンチプレス100kgを達成したときにも同じような記事を書きました。
100kgの時と同じこともあれば、追加して全然違うことをやっていたりもします。

ベンチプレスの1回MAXの重量が〜120kgの方には参考になる内容かと思いますので、読んでいただければ幸いです。

では今回は、僕がベンチプレス120kgを挙げるためにやったことを7つに分けて書きたいと思います。

1.体重を上げる

体重を上げると、筋肉も比例して大きくなりやすくなります。
結果、筋力も上がり、bench pressの重量も上がります。

「体重の推移」と「ベンチプレス1買いMAXの重量」のグラフを並べてみます。

f:id:aaakkkiiiooo:20171212212830p:plain

f:id:aaakkkiiiooo:20171212212801p:plain

体重が増加している期間に、ベンチプレスの重量も上がっています。
体重の増加とベンチプレスの重量には、相関関係があることが分かります。

ベンチプレスの重量を上げたいのなら、体重を増やしましょう。

2.トレーニング2時間前に炭水化物を摂取する

f:id:aaakkkiiiooo:20171128175251j:plain

僕が初めてベンチプレス120kgを挙げたのは2017年11月29日19:10。

その日の17:00、つまりトレーニング2時間前、僕は親子丼とおにぎりとサラダチキン(炭水化物130g、900kcal)を摂取しました。

お腹が空いている状態でトレーニングをしたことがある方は分かるかと思いますが、
炭水化物をたっぷりと摂取した後のトレーニングでは、身体に力が満ちていることが如実に実感できます。

ベンチプレスに限らずMAXを更新したい時には、炭水化物を摂取して身体が最高のパフォーマンスを発揮できる状態にすることが重要。

3.リストラップを使用する

f:id:aaakkkiiiooo:20170111184327j:plain

リストラップを使うことで手首が安定し、怪我を恐ることなくベンチプレスに挑戦することができます。
100kg以上に挑むのであれば、リストラップは必須。

リストラップについて、詳しくはこちらの記事をどうぞ。

Schiekのリストラップ(長さ30cm)が効果絶大で超おすすめ。

4.プレワークアウトを摂取する

自己PRに挑む際は、必ずプレワークアウトを摂取します。
いかに集中力を高めることができるか、いかに興奮することができるか。

C4のプレワークアウトがコスパ抜群でおすすめです。

C4のプレワークアウトが筋トレの効率を上げるのに超おすすめ

5.正しいフォームで行う

正しいフォームで行うことで怪我を防げますし、
重量も上がりやすくなります。

日本のトップフィジーカーのshoさんのベンチプレス解説動画が、
とても分かりやすいのでおすすめです。

6.クレアチンを摂取する

トップアスリートの多くが摂取しているクレアチン。
クレアチンには最大筋力を上げる働きがあります。

最短でベンチプレスの重量を伸ばしたいのであれば、
クレアチンの摂取はマスト。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

筋トレにおすすめのサプリメント「クレアチン」の解説。

7.ベンチプレスを1種目目に持ってくる

これは絶対。
力が100%発揮できる状態でMAXに挑戦することが大切。

アップも、できだけ疲れないようにするため、以下のように最低限しか行いませんでした。
60kg 10回
100kg 1回
110kg 1回
120kg 1回

まとめ

ベンチプレス120kgを挙げるために、
僕が実際に行なった7つのことについて書きました。

振り返ってみると、100kgを初めて挙げてから120kgを挙げるのに1年4ヶ月もかかってしまいました。
2018年のベンチプレスMAXの目標は140kgに設定し、達成に向けて日々努力を重ねます。

この記事がみなさんの筋トレライフの参考になれば幸いです。
では!

バルクアップのためのプロテインなら、スーパーヘビーウェイトゲイナーがおすすめ

【8ヶ月で16kg増量】太るためのプロテインならチャンピオンのスーパーヘビーウェイトゲイナーがおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です