【受験生へ】浪人してでも偏差値の高い大学に進学した方が絶対にいいぞ!

こんにちは! AKIOです。
僕は浪人して神戸大学へと進学しました。

志望校に落ち、浪人するか否かで迷っている高校生には、浪人して偏差値の高い大学を目指すことを強くおすすめします。

浪人してでも偏差値の高い大学に進学した方がいい

今回は、僕の経験を踏まえ「浪人してでも偏差値の高い大学に入学するべき理由」を中心に、僕が大学受験に関して思うことを書きます。

意識の高い仲間に出会うことができる

人は環境によってつくられる。その環境を作るのは人。

“偏差値の高い大学”には、「真剣に生きている」「深く物事を考えている」「人生を謳歌している」そういった、「面白い学生」「一緒にいて楽しい学生」「魅力的な学生」が多い。
自分の人生について自分でよく考えていて、しっかりと自分の人生を生きている。

一方で”偏差値の低い大学”には、志の低い学生が多い。
人生を諦めているような話をする人さえいる。

もちろん「偏差値の高い大学」にも「偏差値の低い大学」にも、両方の学生がいる。
その割合が違うということ。

学歴は低いよりも高い方が「絶対に」いい

学歴は低いよりも、高い方が絶対にいい。

アルバイトの面接の際、就職活動の際など、その程度に差はあれど、学歴はあらゆる場面で影響力を持つ。

就職の際、企業は効率性を求め、まず大学名で人間をふるいにかける。
「高学歴の人間が優秀である確率」と「低学歴の人間が優秀である確率」では、前者の方が高いからだ。
偏差値が低い大学の人間はここで落とされる。
スタートラインに立つことさえできない。(本当に採用に力を入れている会社はそんなことしないのだろうけれど)

学歴が高い方が、学歴が低いよりも「信頼感」があるのだ。

学歴と年収は正比例する

学歴と年収はほぼ正比例します。

浪人してより偏差値の高い大学に進学する方が、長期的に見ると何百万円、何千万円も得。

doda.jp

浪人の「1年」なんて誤差の範囲

人生はあと70年くらいある。
浪人して勉強に費やす1年間なんてものは誤差の範囲内。

大学に入れば浪人も現役も関係ない

「浪人だから現役の奴とは微妙な距離がある」なんてことは一切ない。

入学した年度が全て。サークルでも部活でもそう。

年齢は全く関係ない。

同じ学年同士はタメ語。
年齢が同じであれ学年が1つ上の人に対しては敬語。

学歴が高くなればなるほど浪人の割合は増える

神戸大学を例に挙げると、
浪人:現役の割合はおよそ3:7から4:6といったところ。

浪人して国公立大学に進学する方が私立に進学するよりも安い

<私立大学>4年で400万円
<浪人+国公立大学>5年で300万

浪人したらパワーがたまる

「1年遅れているのだから、充実した大学生活を送ろう」という気になり、時間を有効に使い、真剣に生きようという意識が芽生える。

僕は「浪人したからこそ今の自分がある」と言えます。

国公立大学は休学費用が0円

大学では、「大学に通いながらでは実現することができない何か」をやりたい!
と思ったとき、1年間もしくは半年間、学校を休むことができる。
自分も実際に休学しているし、休学している友達は何十人もいる。

国公立大学であれば休学費用は0円。
早稲田、慶応は休学費用が50万くらいかかるそう。
そんなにお金払ってまで休学したくないよな。

とはいえ、地方の国公立大学はおすすめしない

地方の国公立大学は本当におすすめできない。

その最大の理由は、大阪・東京から遠いから。
情報格差、機会格差が凄まじいのである。
他大学の学生と交わる機会も、関西・関東の学生と比べると著しく少なくなってしまう。
数多くのイベントは大阪・東京で開催される。就職活動に関しても然り。
関西、関東にいれば、やろうと思ったことは何でもできるが地方に住んでいるとそうはいかない。

また、その地方ではもてはやされるので、「井戸の中のトノサマガエル」になってしまう恐れがある。
そして大海を知らずに、知ろうとする意欲も沸かないまま、その地方に留まる。視野が狭くなるのだ。

矛盾するようだが、偏差値の低い地方の国公立大学に進学するくらいであれば、東京の私立に進学した方が良いと思う。

学部学科が決まらないのなら、どこでもいい

建築士、弁護士など、大学の学部を卒業しなければ取得できない資格が必要な職業に就きたいのであれば別だが、そうでないのであれば学部学科なんてどうでもいい。

どんな大学のどんな学部に入学しても、やりたいことは何でもできる。

どの学部に入学しても留学はできる

学部学科によって留学支援制度の充実度の差があるのは事実。
だが、留学したければどの学部であれ留学することはできる。

「海外が好きで英語を勉強したいから外国語大学」はやめよう

海外が好きだから英語を勉強したい。だから外国語大学に入学しよう。という人もいるかもしれないが、それは絶対にやめよう。

外国語大学じゃなくても留学に行くことはできる。
なんなら偏差値の低い外国語学部の学生よりも国公立大学の学生の方が語学は達者だ。語学なんて自分で勉強すればいい

英語だけできてもあんまりすごくない。「専門分野の力+英語」でないといけない。

英語以外の言語を専門的に学びたいのであれば、外国語大学を志望するするのもいいかもしれない。

会社に入れば、現役ストレートの新卒は少数派

自分の会社の同期のうち、浪人も留年も留学も休学もしていない、1年も”遅れをとっていない”人の割合は、3割。
7割が、浪人や留学などの経験をしている。

どの選択をしても、すべて”自分次第”

大学受験に関しての僕の考えをすべて書きました。
受験生の、大学選びを決める一助になれば幸いです。

<注意>自分の先入観、偏見も混じっています。
また、自分が浪人して国公立大学に進学していることから、結果論とも言えます。
あくまで一個人の意見として参考にして下さい。

大学に入ったら、自分次第で何だってできる。
大学受験、ガンバレ!

こちらの記事もおすすめです。

自分が受験生だったときの心情を書いています。

AKIOの自己紹介

2016.06.04

センター英語で200点を取るために。

【受験生へ】僕がセンター英語で200点を取った「時間配分」

2015.09.01

【受験生へ】僕がセンター英語で200点を取った勉強法

2015.09.01

3 件のコメント

  • すごい同感する記事でした。
    僕は有名私立を蹴って芸術大学にいきましたが、やはりどこもいくところがないから来たと言う輩が多くいて残念でした。

  • そうですね。親は二浪させてでも予備校金出した方がいいですよ。例えば地方旧帝大と大差ない筑波大学は一部数学ⅠAと社会一科目で入れます。また地方旧帝大と大差ない横浜国立大学経営学部はセンターだけで入れます。国立文系で数学苦手な人は家庭教師雇って二浪してでも筑波大学行った方がいいと思います。

    自分が知っている例では、医学部でも長期浪人したり再入学している人は見事女医と結婚しています。
    ①四浪して関西医科大医学部の男性が地方国立女医と結婚。
    ②三浪して島根大や高知大医学部の入った男性は地方国立女医と結婚。
    ③三浪して産業医大医学部入った男性が、地方旧帝大レベル女医と結婚。
    ④五浪して私立医大入った男性が、同大学女医と結婚。
    ⑤日東駒専レベル理工学部から近畿大医学部再入学し、開業医娘の私立女医と結婚。
    ⑥上智から地方国立医学部再入学し、同大学の女医と結婚。
    やっぱり、長期浪人・再入学して医学部入る男性は女医のハートをつかんでいます。特に⑤の例には非常に感動しました、再入学して見事女医を振り向かせた、まさに男の中の男かっこいい。長期浪人したり再入学している人、女医や旧帝大卒の女性に強いコンプレックスがあったんでしょう。

    二浪して旧帝大レベル医学部入る男性もプライドが異常に高い人が多いです。
    ①二浪して京大医学部入った男性は地方旧帝大文系の女性と結婚。
    ②二浪して医科歯科医学部入った男性は地方国立医学部女医と結婚。
    ③二浪して筑波大医学部入った男性は地方国立医学部女医と結婚。

    開業医の藤井秀孝は現役で灘から阪大医学部入った際に、東大理科三類の同級生に「お前灘校行ったのに阪大医学部かよ。だせーな。」と言われ、阪大医学部中退して東大理科三類に入学した人がいます。その人は北里大学女医と結婚して開業医やっていますが、「別に阪大でも十分通用するのに、時間無駄だな」と思います。

  • Facebook見ると現役合格するエリートと長期浪人・再受験するエリートは同じキャラクターと思えないくらい差があります。

    現役合格するエリート
    ・現役合格する東大女子はあまり医者との結婚にこだわる女性が多くない気がします。東大卒芸人・石井てる美 結婚相手として許せる学歴最低ラインを明かすMARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政)と述べ、驚愕した。山本愛生さんも結婚相手は早慶一橋まででマーチNGと言ってました。丸川珠代も慶応幼稚舎から慶應法学部の大塚拓と結婚。天明麻衣子も東大の弁護士と結婚。また東大理系女子と筑波大文系男子というカップルも知ってます。
    ・現役合格する一橋女子も結婚相手を見ると、一橋、京大理系、東工大、早稲田文系、慶應文系、マーチ文系、地方旧帝大文系、地方旧帝大工学部など、医者と結婚している例は自分はいまだに見ていない。
    ・東大理科三類男性と専門学校医療事務というのもいます。東大理科三類と地方の県立看護学部というのもいます。
    ・現役合格するエリートは結婚相手の学歴にあまりこだわらない、専門学校短大卒でも結婚する、医者との結婚にこだわらないような人が多いと思います。東大一橋現役合格する女子はあまり医者と結婚にこだわらないのは、生まれつき頭いいからそこまでこだわらないかもしれません。

    ・長期浪人・再受験するエリート
    3浪から5浪して国立私立医学部入る男性医師の結婚相手は女医が多いです。3浪して島根大医学部医師・高知大医学部医師も地方国立女医と結婚、4浪して関西医大医学部の結婚相手は地方国立女医、5浪して私立医学部に合格した男性医師も結婚相手は女医です。
    ・他大学から医学部再受験する私立医大国立医学部医師も結婚相手は女医ばかりです。日東駒専理工学部から近畿大医学部入った男性医師は開業医の娘の私立医学部女医と結婚、上智から地方国立医学部再入学した男性医師も同大学の女医です。
    ・二浪して旧帝大レベル医学部入った男性医師もそれなりの人と結婚しており、二浪して筑波大医学部・医科歯科医学部の男性は地方国立女医と結婚、二浪して京大医学部の男性は旧帝大文系と結婚してます。それはそれは現役で東大入れる奴に劣等感あるからでしょう。
    ・東大理科三類浪人した人も現役で東大理科三類入る人と性格が異なる気がします。現役で灘から阪大医学部入った際に東大理科三類の同級生に「お前灘校行ったのに阪大医学部かよ。だせーな。」と言われ、阪大医学部中退して東大理科三類に入学した人がいます。その人は北里大学女医と結婚して開業医やっていますが、「別に阪大でも十分通用するのに、時間無駄だな」と思います。
    ・長期浪人・学士編入する女医も結婚相手はほぼ医者です。二浪して学費が高い川崎医大、藤田医大入ったり、早慶や上位国立から国立医学部編入したら、医者と結婚したいでしょう。
    ・長期浪人再受験するエリートは、学歴至上主義者・学歴コンプレックスが強い・ハングリー精神が強い・医者や旧帝大などハイステータスな人との結婚にこだわる人が多いと思います。
    ・他大学から私立医大再入学したり三浪から五浪している私立医大や地方国立医学部の医者は高確率で女医と結婚している。彼らには医者になって高い地位と高収入を得てステータスの高い女性(女性医師・旧帝大レベル国立大学卒など)と結婚したい夢があるでしょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です